2005/ 7/22 7:18
アルゼンチンはブエノスアイレスでの出来事です。
ある日、市内を走るバスに乗っていたところ「スリだ、助けて!」と一人の女性がかなきり声を上げました。
すると、バスの運転手はすぐさま扉を閉めて最寄りの警察署に直行しました。運転手から事情を聞いた
警官はバスの扉から警察署の入り口までの通路を挟むように二列に警官達を並ばせた後に
バスの扉を開けさせて乗客を一人ずつ警察署の中に誘導していきました。
僕の番がきました。警察署の中に向かって歩き出すと肩にいくつもの金星をつけた警官(多分相当の高官)が
「あなたは日本人ですか」と聞くので「そうです」と答えると「日本人に泥棒はいない。立ち去って結構です」と
身分証明書の提示も求めずに釈放してくれたのでした。
正直言ってこれには驚かされました。と、同時に深い感銘を受けたのです。
これだけ絶大なる信用を築いたのは半世紀以上も前に入植した日本人移住者達と
その子孫達の汗と血の結晶に他ならないのです。そして己自身に誓ったのです。
目先の欲得にとらわれて、尊い信用を失うような事は絶対にすまいと。
勿論、子供達にも言い聞かせています。

    心の旅,歩世さん書き込みより・・・Yahoo掲示板

        **********************************

人から信用される。信頼されるという事は,人間として生きていく中で
或る意味,とても重要な事のように想います。
自分の言葉,考え方,行動が人から信用されなかったり,
信頼されていなかったらどうでしょう。。。
日々の生活の中で疑心暗鬼が生まれて来ないでしょうか。
心の中に疑心暗鬼が生まれて来ると自分の心を人から遠ざけてしまうのではないでしょうか。
自らが人から遠ざかってしまうと,人の心が見えなくなるので疑心暗鬼は更に深まり,
ますます,自分の心は人から遠ざかってしまうという悪循環の中に
落ち込んでしまいかねないのではないでしょうか。

このような事を避ける為にはどうすればいいのでしょうか。。。。

まず,自分が大きな勇気を持って,第一歩を踏み出してみましょう。。。
人の輪の中に,,,そして,その人の輪の中には様々な辛い事も待っています。
何気ない人の言葉によって傷付く事もあるでしょう。
トラブルに巻き込まれてしまう事もあるでしょう。。。
それらは自分に対して悪意のない善意の心で発せられたものなのかもわからない。
逆に悪意に満ちているものなのかも解らない。。。。
何れにしてもそのような時は,辛いですよねぇ。。。
相手の意思が何処にあるにせよ,自分にとって不本意な事が起きるという事は
少なからずストレスとなって,自分に帰って来る。。。。。でも,逃げないで!!
そのような時こそが,自分の心が成長出来る大切な時であり,
その事を自分がどのように解釈をし,行動するかによって事態は大きく変化をする事もあり,
その事によって自分という人間が,相手から理解される発端となり,その小さな点から線となり,
人との繋がりに大きな影響を与える第一歩なのかも解らない。。。。
そして,人と繋がっていった線は,人から大きな信用を得る事になり,
得た信用を大切に大切に育てていく事によって,深い信頼関係へと発展をしていく事が出来る。

    人から信用されたり,信頼されたりする為には,一朝一夕で成るものではない。
     それには何年も何年も,時には何十年もかかる事もあるでしょう。
     それには時として,枯れる事のない涙を流さなくてはならない事もある。それでも,
     諦める事のない心を持ち,自分の心,行動を誠実に襟を正して生活をする事が賢明でしょう。