◇どんな病気?
  ・ほとんど全ての犬種に危険性はあるが,主に大型,超大型犬種に発生が多い。(重量犬) 
  ・発生頻度に性別差は認められていない。
  ・若年期の亜脱臼を示す多様な関節の弛緩(ゆるみ)の程度による股関節の不完全な成長。
          (股関節寛骨臼の発育不全)           
  ・進行すると二次的に寛骨臼の変形,大腿骨頭の変形,扁平が生じ,股関節の弛緩を生じ,
       変性性関節疾患の発達になる。
 
     ◇考えられる原因は?
  ・若齢期の急速な発育と体重増加
  ・傾斜した骨盤
  ・貧弱な寛骨臼
  ・不安定な股関節
  ・発育不良の骨盤筋
  ・ホルモンの異常
  ・医原性:幼若時の大腿骨折に対する不適切な固定処置 
 
    ◇どんな症状?
  ・極初期ではわからない場合もある。
  ・後肢の跛行・歩行異常
  ・段差の昇降を避ける。
  ・運動後の疼痛,圧迫による疼痛
  ・運動不耐性
  ・起立困難
  ・後肢筋肉の萎縮
  
   ◇どのような検査?
  ・歩き方を見る。
    a 旋回歩行させて,前足と後ろ足の歩行をみる。
    b 歩行時,ウサギ跳びのようにならないか。
    c 両側の股関節の跛行をみる。
  ・歩行時の関節の動きの度合いをみる。
  ・大腿骨頭が寛骨臼での軋轢音(オルトラニサイン)
  ・全身麻酔上でのオルトラニサイン。
  ・X線写真
 
   ◇どのような治療法?
  ・内科的
    軽症あるいは初期の時
     a 関節の炎症が鎮まるまで運動制限,安静
     b 定期的なX線写真による経過観察。
     c 疼痛,炎症緩和の為の内服薬投与。
     d 発育期の急激な体重増加,栄養過多の防止の為に食事制限(獣医師の指示に従う事)
     e joint‐supplementの服用
  ・外科的治療
   内科的治療に効果のないとき,形成異常が重度の時,長期的な機能不全がある時,また,罹患動物の
      生活の質を改善する為。
     a 恥骨筋切除術
     b 大腿骨頭切除術(偽関節形成術)
     c 転子間骨切除
     d 骨盤3点骨切除
     e 股関節全置換術 
 
   ◇予防は出来るの?
   ・生後2〜8ヶ月の急激な成長期に通常与える70〜80%量で,栄養バランスの整った食事にする。
    遺伝性を示唆されている以上,完全な予防とはなり得ないが,形成不全を避ける確立が高くなる。
      (食事制限については獣医師の指導,診察を受けた後にしましょう。) 
    ○食事制限した子よりも,自由採食したこの方が,形成不全の発現の可能性が高いと言われている。
    ○生後5〜8ヶ月の急激な成長期に,骨盤軟部組織である筋肉の発達と骨の成長のバランスが
          取れていて,股関節の形が正常なら,形成不全が発現する可能性が低い。
    ○股関節の弛緩が2歳までに発現しなければ,形成不全が発現する可能性が低い。            
 
 
参考文献
 サウンダース小動物臨床マニュアル  文永堂
 犬の診療最前線              interzoo
 イラストでみる 犬の病気        講談社
 犬の臨床                  Dairyman