☆シクロホスファミド誘発性膀胱炎
  シクロホスファミドは,腫瘍および免疫介在性疾患に使用されるアルキル化剤である。この薬剤は肝臓で
代謝され,尿中に排泄さ れる。代謝産物であるアクロレインとの長期的な接触によって,膀胱には出血と浮腫が
引き起こされる.また,線維症,壊死,移行上 皮癌も生じることがある。
  
    ☆細菌性膀胱炎  
  細菌性尿路感染症は尿路を構成する組織に細菌が侵入することにより生じるさまざまな障害である。
細菌感染は腎臓,尿管,膀胱 ,尿道に限局することもあり,これらのいくつかが侵されることもある。
細菌性膀胱炎はこのうちの膀胱への感染をいうが,尿路の他の部分が同時に感染を受けている可能性を
常に考慮して対応する必要がある。
  ◇原因
  尿路感染の原因の多くは大腸に常在しているグラム陽性およびグラム陰性細菌である。
感染が成立すると素因として下記のもの がある。
1,尿路感染の素因
 1)尿の残留
  a)排泄路の機会的閉鎖
   @尿道結石,狭窄,腫瘍,A膀胱脱,B前立腺疾患
  b)膀胱の収縮不全
   @神経支配障害
     i.脊椎の骨折,脱臼,亜脱臼,ii.椎間板疾患,iii.骨髄炎
   A解剖学的奇形
     i.膀胱尿道逆流,ii.憩室
2)上皮壁の損傷
 
   a)障害
    @外力,A触診,Bカテーテル挿入,C結石
   b)腫瘍,
   c)上皮に毒性を有する薬剤の排泄
 3)尿道あるいは組成の変化
   a)尿量の減少
    @水分摂取の減少,A乏尿性腎不全,
   b)糖尿
 4)細菌の逆行
   a)先天性
    @尿管転移,A尿道奇形,B一次性膀胱尿管逆流
   b)後天性
     @尿道疾患,A二次性膀胱尿管逆流
 5)免疫不全
   a)疫病
    @先天性,A後天性
   b)免疫抑制剤
2.感染経路
 1)上行性経路
  下部尿路および生殖器から細菌が上行性に移動するのが最も多くみられる感染経路である。
いくつかの細菌が本来持っている運動性は排尿路を逆に移動するのを助けている。
 2)他の経路
  乾性経路になり得るものとして,隣接組織からの伝播,血管あるいはリンパ管を経由する細菌の
侵入および感染を起こした腎臓および尿管からの下行性移動がある。
                                  
 
           犬の診療最前線・interzoo より