☆心房細動・心房粗動 
   ◇心房細動
  心房の各部分がまったく無秩序に興奮して、心房全体の規則正しい興奮がなくなった状態である。
   ◇原因
  1.重度の慢性弁疾患や拡張型心筋症にみられる。
  2.先天性心疾患に関連してみられることもある。
  3.ほとんど器質性心疾患に関連する(左心房の拡大)。
   ◇心房粗動
  心房が規則正しく頻回に興奮し、そのうちのいくつかが比較的規則正しく房室結節を通り、
心室を興奮させる心房性頻脈性不整脈。鋸歯状(F波)の基線の動揺を特徴とする。
  ◇原因
  1.重大な心房性疾患(たとえば僧帽弁閉鎖不全症,腱索断裂,心筋症,
   心室中隔欠損症,Ebstein奇形など)による心房の拡大。
  2.虚血性心疾患。
 
     ☆心室細動・心室粗動  
   ◇心室細動
 QRS波とT波が識別されずに不規則な異様な心室波を示し、大きさや形も変動する不整脈である。
心室細動は一般に最終的事態であり、心室の無収縮の直前に生じる。
  ◇原因
  ショック,低体温,外傷出血,中毒,重度の電解質異常,重度の低酸素症,重度の心筋障害。
   ◇心室粗動  
  心室粗動は心室性頻拍を一段超えて生じたもの。通常、急速に心室細動に移行する。
   ◇原因
  1.ショック,麻酔,低体温,電解質異常。
  2.治療困難な心筋炎,外傷,重度の低酸素症。
                               
    ☆心膜液滲出 
  漿膜性心膜(臓側板,いわゆる心外膜と壁側板)の間の心膜腔に液体の貯留が臓かすることをいう。
その原因によって漏出性と滲出性に分類される。
  ◇原因:液体の検査結果により分類される。
  1.漏出性(または変性漏出液)
      1)うっ血性心不全(さまざまな原因による。)
      2)低アルブミン血症
      3)腹膜心膜ヘルニア
  2.滲出性(炎症性)
      1)感染性:細菌,真菌
      2)無菌性:特発性,慢性尿毒症
  3.出血性
      1)血液性または漿液血液性:臨床的に重要な心膜液滲出の大多数
        心タンポナーデを引き起こす心膜液滲出
      2)非炎症性または軽度の炎症性,非敗血症性
          a)新生物:血管肉腫,心基部腫瘍,中皮腫,リンパ腫,その他。
          b)外傷:医原生,外因性。 
          c)左心房破裂。
          d)特発性(心膜炎)  
 
      ☆心膜横隔膜ヘルニア
  横隔膜形成の先天的欠陥により胸膜腹膜と心膜に連絡がある。欠損は横隔膜の最も腹側にあり開口部は
小さいことが多く、また障害に起因するものではないため癒着はまれであるといわれている。
   ◇原因
  胎子期の横中隔の障害か発生障害が原因。犬では先天的な頭側の腹壁,尾側の胸骨,横隔膜と
心膜の欠損の組み合わせの報告があり、また心奇形と関連しているといわれている。      
 
          犬の診療最前線・interzoo より