商品名         主成分             
☆ コンドロフレックス     コンドロイチン硫酸
                   キトサン
☆ジョイント・サポート     緑イ貝
☆プロアントゾン        フラボノイド
★ジョイント・サポート・ダイエット(犬用食事療法食)
★ジョイント・サポート・タブ(joint,supplement)
☆ジョイント・サポート・ダイエット(犬用食事療法食)
 
  「ケーナイン・ジョイントサポート・ダイエット」は,関節炎の犬のために,低温乾燥処理を施した緑イ貝粉末
を原料に使用し,特別に調 整された理想的な食事療法食です。緑イ貝は,コンドロイチン硫酸,?(オメガ)
3脂肪酸(ETA,EPA,DHA),グルタミン,メチオニン, ビタミンE,C,亜鉛,銅,マンガン等を含み,
関節炎の症状を軽減する事が知られています。
犬に必要な栄養素をすべてバランス良く含 んでいるため,成犬の維持食としても適しています。
  ■適応
    変形性関節症を含む関節炎
  ■禁忌
    妊娠期,授乳期の母犬
  ■疫学
 1,変形性関節症の発生率
   5歳以下:5%, 5〜7歳:14%, 8〜10歳:27%, 11〜13歳:35%,14歳以上:19%      
        (pfizer animal health,’96)
 2,傾向
  a,高齢に成る程リスクが高くなる。(関節炎の犬の95%以上が5歳以上)
  b,大型犬ほど発生率が高くなる。
  c,肥満は関節炎のリスクとなる。過剰な体重が関節を圧迫する。
  d,運動量の多い犬は関節炎のリスクが高い。
  e,遺伝的要因が関与している例も報告されている。(例:ジャーマン・シェパード)
■栄養学的原理と特徴
   《緑イ貝に含まれる成分とその作用》
1,エイコサペンタエン酸EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などのn-3系不飽和脂肪酸は,
   細胞膜への取 り込みにおいてアラキドン酸(AA)と競合し,細胞障害時に放出されるAAの量を減らし,
   また,シクロオキ シゲナーゼCOX)およびリポキシゲナーゼ(LO)経路を通じてAAと競合し,前炎症性PGや
LT(2および4系)生成を抑制して,非常に弱い炎症性エイコサノイド(3および5系)を生成します。
2,緑イ貝(GLM)にのみ含まれるn−3系脂肪酸であるエイコサテトラノイル酸(ETA)は,
    EPAやDHAと同様にAAと競合しますが,その脂肪鎖の二重結合の部位の違いのため,エイコサノイド
      は全く生成しません。
3,関節に障害を与える活性酸素を除去する作用のあるビタミンEやCおよび,活性酸素除去酵素を
      補助するミネラル(亜鉛,銅,マンガン)を含有します。
4,関節や滑疫の成分であるコンドロイチン硫酸(グリコサミノグリカン)やその構成成分となるグルタミン,
       グリコサミンを含有します。