02’10/6,日曜日に主人と一緒に買って来た16個入りのりんご。
月・火と主人のお弁当に,夜の散歩から帰ってPCの前に座って
電源をオン・ふと聞こえて来る「シャリシャリ」という,爽やかな音。
ふと振り向くと後一口と枝が残っているだけのりんご。
隣の部屋に置いているりんごの箱をみると,後,3個を残すのみとなっていた。
今朝,主人のお弁当に1個,朝帰って来た息子の食後のデザートにでもと,
りんごを取りに行くと・・・・箱は,空っぽだった。

りんごの行方は,,,何処。


☆林檎ミステリーの犯人は・・・・?(^^;)
 
犯人は,誰か解からない。我が家に頻繁に勃発し続ける事件は,
一人が発生させているとは,限らない。
11頭いるSheltie達,それぞれが何か1つ秀でた個性を持っている。それは,

引き戸のガラス戸が開けられる者,
開きの柵が開けられる者,
高い所においてある,奥の方まで届く者,
周囲に神経を行き届かせている者,これは全員だな。

何か,1つ,他の仔にないものを持っているので,全員が昼寝中であっても,その中の一人が起きだして,
お菓子をゲットする。それが1個しかなければ,その場でなくなる事になる。が,数多くあった場合,
1個食べている間に,神経過敏な仔がその気配を察知,いそいそと,お相伴に預かる為に動き出す。と,
他の寝ていた者達も「我も我も」と群がる事になる。
だから,Bell一人が悪いのではない。けれど,Bellが我が家に来るまでは,確かにカチュアがつまみ食いの
天才だったけれど,
ラップがしてあれば届く場所であっても食べない。
自分が届かない場所にあるものは,食べない。
食卓の食器の中のものは,食べない(零れ落ちたものだけ)
買って来た新しい袋に入っているものは,食べない。

それなのに,Bellが仲間に加わってから,これらの今までの
秩序が全て壊れてしまった。自分に届かなくっても,
何とかする。何とかして,必ず自分のものにする。
新しいもので,匂いがなくても全て袋を破って,
中に何が入っているのか,確認を怠らない。
テーブルの上にあるもの,全て,
自分の届く場所にあるもの,全て自分のもの。
よく言えば,探究心旺盛というのでしょうが・・・

Bellは,別に他のSheltie達にお裾分けしているつもりは
ないのだと思う。が,Bellのこの行動の為に,
我が家で一番行儀の良い,bP〜3までもが,
Bellの影響を受けてしまった。

まぁ,りんご紛失事件に似たような事は,
Bellが仲間に加わってから,日常茶飯事の出来事になってしまった。

02’10/11,夜の散歩から帰って来ると,Bellが慌てて部屋に戻って来た。
次は,リンダがイソイソと意味ありげな表情を浮かべて,部屋に現れて来た。
「もしかして・・・玉葱を。。。』以前にカチュアが酷い溶血性貧血を起こした事があるので,
内心,「゛どうしよう・どうしよう」先生に連絡をしたほうがいいのだろうかと,考えながら
台所へ行ってみると,何と其処には,悠然と頂きもののお米を食べている。
   カチュアが居た。