救急診療 2003,11,30
金曜日の診察から帰宅してから,
急激に悪化して来た首の痛み。吐き気も伴う。

病院に土曜日の救急診察医に整形の医師が居るか否かを
問い合わせると居ないとの事。
日曜日なら居ると言うので月曜日まで待てなくて
救急診察を受けて来る。

一通りの診察の結果。
骨には異常が見当たらなくて,
倒れた刺激によって,骨の周囲の組織細胞が
伸ばされた事による痛みであろう・・・との事。
痛みが急激に増して来たのは,薬が切れた事による痛みである可能性がある・・・との事。

骨に異常がないか否かの確認の為に,
月曜日,レントゲン撮影をする。

擦過傷 2003,11,29
日を追う毎に増して来る痛み。
生きている証だよなぁ〜〜。。。

Sarubiaの道理。 2003,11,28
朝,○○合同貨物の会社の2人が家へ来られた。

1,Sarubiaの単車について,修理をしても良いかとの事。
   ・修理費・8万円也
      この修理については決して承服出来ぬ事。
      新しく購入して2ヶ月なるかならぬかで,
       こんなにも壊れて修理で澄ますなんて,,,,。
2,Sarubiaの足(交通手段)について,病院への通院だけをタクシーを利用して,
   領収書を貰ってそれ以外の交通(警察・買い物等)については,会社から
   タクシーのカードを用意するので,使って欲しいとの事。
    ・この事に関しても承服出来ぬ。
      会社は何の為に毎月毎月高い保険金を支払っているのだ。!
    Sarubiaの日常に於いて,全ての代用をする事が,保険会社の義務としてある筈。
    その事をしっかりと保険やと話しを付けてから出ないと,応じる事は出来ない!
     と,追い返した。

  Sarubiaは事故について,「ごね得」をするつもりはない。
   しかし,物事の道理だけは通して欲しい。
   しかし,これはSarubiaの道理。
  一般常識の道理は,如何にあらん!

**********************

会社からの返答。

  日常の交通手段については,何れの場合も,怪我に関する事にしか
   保険の対象にする事は出来ない!だって。

  納得いかん!!

何としても,勝てぬ相手! 2003,11,25
A:M11:30,バンブーを抱っこしてワクチン接種の為に家を出る。
病院と家との丁度中間地点差し掛かった時,○○合同貨物(11t)が
Sarubiaのバイクを追い越して行こうとしている。
ん?
これは危ない。接触の可能性がある。近寄り過ぎている。
そう想う間もなく,接触。
一瞬,Sarubiaはまずバンブーを守る事を考えた。
次に倒れ方を考えた。バイクは下手の倒れ方をすると,
大きな事故に繋がる。乗馬も同じだ。
落馬の仕方一つで,一生を左右するような事故に繋がる。
Sarubiaのこの一瞬の機転によって,バンブーは無傷だった。が,
倒れた瞬間にはバンブーの状態が把握できず,ましてやバンブーが身動き一つしない。
   そんな状態で不安になっている矢先に,朝来群から来た。という御夫婦が
  Sarubiaに声を掛けてくださった。そして,Sarubiaの状態をみて,
病院へ連れて行ってあげようと行ってくださった。Sarubiaはとても感謝をして,
Sarubiaは大丈夫なので,それでは,この仔を動物病院つれて行って欲しい。と,頼みました。
少し吃驚してらっしゃいましたが,自分も犬を飼っている。犬を心配する気持ちは良く解かる。
その方はそのように言われて親切に,病院まで乗せて下さっただけではなく,
家まで乗せてあげようと診察が終るまで待ってくださるという。住所とお名前を伺っても,
   「お互い様」だからと名乗ってくださらない。
せめて,車のナンバーガ解かれば後で調べる事が出来るかとナンバーだけ控えておいた。

病院ではバンブーに異常が無い事を確認の後,
主治医自らSarubiaの傷の手当てをして頂いた。
とても,嬉しく想う。

Sarubiaと接触とした車は大きく,スピードが然程出ていなかっただろうから,
運転手は気が付かなかったのだろう。。。バイクを新しくしたところなのに,痛い出費だ。。。
そう,諦めていたが病院から帰る途中,警察官が現場検証をしている。
Sarubiaはその現場検証に立ち会って,親切なその方とお別れをした。
相手方の会社の方が,親切な方の名前・住所を聞いて下さったので,それを写させて頂いた。

接触した原因については,ゆるいカーブになっている現場にて追い越したのだが,
追い越した時点で対向車がいきなり現れた事によって,早くにハンドルを
切り過ぎたのが原因との事だった。

警察官って凄いね。というより,交通専門の警察官は,Sarubiaのうろ覚えの話と,
運転手のうろ覚えの話から確かに接触した証拠・状況を割り出してしまった。
   ん〜〜,,これには吃驚した。テレビで見る現場検証,捜査と全く同じだった。
現場検証が終わった後,Sarubiaに病院へと言う警察官に,
「沢山の犬がSarubiaの帰りを待っているから,早く家に帰りたい」その言葉に
今朝,力丸ママがSarubiaに送信したメールに書かれてあった言葉。
そのまま同じことを言われた。

家へ帰ってから犬達の排便・排尿を済ませてから病院へ行くと,
検査の結果左親指,複雑骨折・右肩打撲,右腕擦過傷,右肩打撲痛が
取れて尚痛みが続くようであれば,肩筋に断裂の可能性あり。
現在腕は動いているが,部分断裂の可能性があるとの事。
その時にはMRIにて検査。その痛みの目安は2〜3週間で
打撲痛は取れるだろうとの事。それにしても,
バイクの事故でこれだけの怪我で済んだ事は,不幸中の幸い。。。ましてや,
数多くの親切な方に助けられた一日であった。感謝・感謝。

Sarubiaと接触した運転手が何故,現場にいたのか不思議だったのだが,
トラックの後続車が,トラックに追いついて,「バイクが倒れたようだ」
そのように伝えてくださったとか。また,運転手も直ぐに現場へ引き返してくれて・・・。
ただ,Sarubiaが現場に居なかったものだから,警察官が家に電話を何度かけても
出ないものだから,御近所に電話をした事が・・・。ふぅ。

それにしても,本当に不幸ではあったが,大きな幸せの心を頂いた日であった事を感謝する。

喧嘩の原因は,何処? 2003,11,22
A:M2:00
どうも,ぎっくり腰かヘルニアを起したようだ。
1時間程前から椅子から立ち上がろうとしても,
余りの痛みのために,身動き出来ない。

このような痛みは初めての経験だ。
いきはなり椎間板ヘルニアを発症したようで1時間余り
息もつけないほどの痛みに堪えて椅子に
座っていたのですが,こんな事ばかりしていても何もならぬ・・と,
歯を食いしばって犬達の洗濯物をやっと片付けて
1時間ほど横になるともう,朝,
少しずつ少しずつ何時もの事を片付けて
午後剛が仕事に出かけた後,気が緩んだのか,
3時間程も熟睡してしまい眼が覚めると5時半。
日も落ちて真っ暗な中で犬達の喧嘩の声。
どこだ,どこだと寝ぼけ眼で探すと風呂場の前で3〜4頭が大喧嘩。
その時は仲裁して治まったのだが,
後でトイレへ行こうと通りかかった時,クリスが暗闇から
疾風の如く素早く足元を通り過ぎていった。
「これは何かある」
そう想って電気を付けると・・・。

喧嘩の原因はここにあり。
だったのか。
出勤前にお風呂に入った剛。
柵を閉め忘れていたのだろう。
Sarubiaが元気であろうと,
病気であろうとも,

     相も変らぬ犬達よ!

おむすびころりん♪ 2003,11,21
お昼に隆さんに入れた御弁当の残り。

大根。人参,鶏肉・ミンチボール・薩摩芋等々・・・。
座卓で座って食事するSarubiaの周囲に群がるU^ェ^U達。
クリス・リンダ・ナンナ・カチュア・Milky・・・。
そうそう,忘れてならないのがベル。
クリス・Bell等は毛,Sarubiaの顔に覆い被さるようにして迫ってくる。
食べ難いったらありゃあしない。とそこへ・・コロコロ・・・。
ミンチボールが転がった。。Sarubiaがお箸で突き刺そうとすると,更に
コロコロ・・・コロコロ・・と転がっていく。
更にSarubiaは追いかけて,ミンチボールにお箸を突き刺そうとする。と,
更にコロコロ・・・コロコロ・・・その間,Sarubiaは犬達に「待て」をかけて,
Sarubiaは,おむすびを・・・いや,違った。
ミンチボールを追いかけて・・・「待てぇ」・・・って。

と,其処へすかさず追いついたクリス。
    
    パクッと食べてしまった。

       あぁ〜〜,疲れた!!

お好み・・・U 2003,11,20
この大きな御鍋に,ほとんどいっぱいあったお好み焼きの材料。
こんな調子で,半量ほども平らげてしまった。

妊娠も4週になろうとするのに,また,絶食からだ・・・。
何と不思議な事にタツも下痢をしていた。
この「お好み焼き材料試食ツアー」に,タツも参加していたのだろうか。

天麩羅 2003,11,19
Bellには本当に困ったものよ!
と言いながら,証拠写真を写したりしているから。。
Bellには,Sarubiaの瞋りなんて通じないのよね。

だけどねぇ〜〜・・・。
この危険な遊びだけは何とかならないかしら。。。

流石のSarubiaも恐くって。。。
でも,この困ったさん,
どういう訳なのか。一番人気あるのだわ。。。

続:玄米試食ツアー 2003,11,18
大した事はない。

ただ,今日のウンチ君,,,
予想通り。。。

玄米試食ツアー 2003,11,17
お米を買う時は玄米で購入して,使う度毎に精米をしている。
今日は隆さんに御近所の農家から購入してもらって来た
30kの玄米,何時も半量ずつに分けている。その分ける前に
寝てしまった隆さん。このまま玄米をここに置いていては
また犬達に荒らされてしまう。以前は30kも割りと楽に
持ち上げる事が出来ていたSarubiaだか。。。。果たして。。。

案の定・・・ばら撒いてしまった。。。
もう,寝る時間になっていた事もあって,
想ったほども寄って来なかったのが不幸中の幸い・・・
この「玄米試食ツアー」に参加しているこの仔達の明日のウンチ君は,,,
もちろん玄米ばかり。。。

水も滴り落ちるいい男! 2003,11,16
加東郡滝ノ町庁舎の屋上の水洗いをしている隆さん。

今日は町内の行事に参加するとばかり想っていたので,
お弁当の用意をしていませんでした。なので,
お昼前にお弁当を届に行ってきました。

水も滴り落ちるいい男とは正しく隆さんの事。
このように風向きによっては霧状になって水が諸に
体全体を襲って来る。

ん〜〜〜♪
惚れ惚れするいい男!!

火と遊ぶBell 2003,11,15
Bellは恐いもの知らず!
恐いもの知らずの犬は,結構居る事だろう。
しかし,火!!
    火が平気!!
って,犬がどれ程居るのだろう。
平気って言ったって,熱いから直ぐ側は駄目なのよ。
でもね,火の直ぐ側に自分の好きな物があると,,,,

こんな調子なのよ。

柿食う犬達 2003,11,14
朝の慌しい時,Sarubiaがトイレから出て来ると,
台所から「シャク,シャク」と爽やかな心地良い音が聞こえてくる。
    が,
ハタッと気が付いた。!  これは,
裏のおばちゃんに頂いた「柿」を食べている音だ!!

おぉ〜〜〜!!!
やはり予感的中!
買い物袋に満タンあった柿が半量になってしまっている。

あの仔とあの仔,この仔は朝食は抜き!
後はまず大丈夫だろう。。。。
夜の散歩中。
Rockyが下痢便をした。
「あらぁ〜〜,,Rockyよ!  お前もか」

without a title; 2003,11,13
隆さんの帰宅が今日も遅い。
明石へ行っているのだろう。
若い時と違って,
段々と体力に翳りが見え出した隆さん。
体には気を付けて欲しいと願わずにはいられない。が,
与えられた仕事を拒否すれば,リストラされるしか致し方なくなる。
まるで,人質にとられている気分だ。。。と,
ぼやいていると,やっと,帰宅した。。。

もう,そろそろ14日になろうとしている。

お節介・・・。 2003,11,12
朝のRocky達の散歩の時,
気になっていた昨日の3本足君,いなくなっていた。
   良かったホッ♪
御家族だけで解決出来たのだ。本当に良かったね♪
慣れない道,雨降りの道,暗がりの道では得てしてこのような事が起こり得る。

人の失敗をただ,気の毒がるだけではなく,Sarubiaだって,
慣れない道,雨降りの道,暗がりの道を走るのだ。。
人の経験を自分の戒めの材料として,心して運転したいものだ。


三本足 2003,11,11
P:M10:00,隆さんまだ帰って来ない。
遅くなる時は,連絡があるのに,それさえもない。
少し,気になる。しかし,不測の事態であれば,
それこそ何か連絡が入るだろう。。

Rocky達の散歩に出かけたいのだが,出かけた後に帰って来ると,
疲れている隆さんを待たせなくてはならない。
それも気の毒だ・・・が,天気予報では雨が降るような事を言っていたので,
どうしているのか,やっぱり隆さんに電話をしてみる。
まだ,帰宅が30分ほど遅くなるとの事。
それでは,散歩に行って来ようと想うと。。。雨が土砂降りになりだした。ふぅ〜〜。。
でも,行かなくては。。。

何時もの折り返し点でUターンして帰って来る途中。
突如現れた3本足の車,わぁお〜〜〜!!!
って,驚いていると,何の事は無い,カーブを曲がり損ねて
前輪を溝に落っことしてしまっているだけの事だった。
家の近くまで帰って来ると,隆さんと出会い,
事情を話して3本足君の所へまた,引き返した。

運転手さんと話をすると,家族の方と連絡がついて
間もなく来るだろうとの事。
土砂降りでもあるし,時間も遅いし,何時来るか解からない
家族の方を待つ事も出来ないので,そのまま帰って来た。

お節介で薄情な中途半端になってしまって,
申し訳なかったけれど。。。運転手さん,ごめんね。

Re:創る心・創られる心 2003,11,10
398 Re:創る心・創られる心 397へのコメント
名前:Shinsui 2003/11/10 14:49:09
 
自己を主体的に創造していくことは、とても大切なことですが、
何を軸とし、何をよりどころにして創造していくのか、が問われます。
「自分の強い意志。信念。忍耐。努力」は表面として出てきた心ですが、
目に見えない根を忘れないようにすることです。

如来からふり向けられた心は、私の中に無限の創造精神を宿します。
これを信心とも、如来回向の菩提心とも、金剛の菩提心ともいいます。
ここに私の主軸を移し、ここをよりどころとする人を、正定聚・不退転の菩薩といいます。

浄土に根が張った人は、表面の心が何度倒れても、またそこから芽を出すことができます。
「自分の強い意志。信念。忍耐。努力」は縁があれば起き、縁がなくなれば倒れますが、
倒れても浄土に張った根が、倒れたことを無駄にしないのです。

これが末通った仏の教えであると聞かせていただいております。

    ☆浄土真宗「やっとかめ通信」掲示板より

※しょうじょう‐しゅ【正定聚】
〔仏〕衆生の機根を3種に分けたうち、必ず仏果を得ることに定まっているもの。
 ※

without a title; 2003,11,9
8日というより,9日の朝3時まで起きていたSarubia,
9日の朝4時に起きて魚釣りに出かけるという隆さん。。。
Sarubiaは3時頃までの記憶はあるのだけれど・・・。
お風呂に入るのも出来ず,,犬達に混じってそのまま
「パタッ」状態で倒れて眠ってしまっていたSarubia。
何時頃なのだろう。。。隆さんが起きて来てSarubiaに,,
「ホラッ,,お布団かけなくては」「お風呂入らなくては」等と
声を掛けられた記憶はうっすらとあるのだが起き上がる事が出来なかった。
そのまま,また深い深い眠りに入ってしまっていたようだ。
目覚めると朝8時になっていた。
   ぐっすり眠ってしまうはずだ。
眠っているSarubiaに,毛布と掛け布団をかけて隆さんは,魚釣りに出かけたようだ。

隆さんは,午後3時ごろ,波が荒すぎて全然駄目だったと言って帰って来た。
波が井地番高い頃は1m程もあったとか。。。
無事に帰ってきてくれて良かった。良かった。。

仁王立ち 2003,11,7
今日はとてもいいお天気!
土・日は他の人・犬と出会いやすいので,
お天気のいい今日,皆で出かけてオフリードで遊ばせて挙げる
今週最後の日。なので,何時もの川土手へ出かけた。と,,,
皆のリードを外して,「さぁ〜〜,行こう!!」状態になって
歩き出そうと立ち上がって,一歩踏み出した途端に,
ずぅ〜〜っと前方に仁王立ちで,こちらを見ている人の姿。
慌てて一度外した皆のリードを,散らばっていっていた皆を
呼び寄せてリードを繋ぎ直して,「さぁ〜〜,,どうぞ通ってください」。
状態にした。が,どうせあの人は何時も,この地点で折り返す人。
このまま,暫く待ってみよう。。。が,まだ立っている。
しかも,こちらに正面を向きなおして。。。正にこちらに
仁王立ち状態。むむ〜〜・・・。睨めっこするのか?
しかし,折角この仔達を連れてきたのだ,
せめて,少しは遊ばせて遣りたい。何分くらい睨めっこしていただろう。。。
一向に動く気配が無い。何時もの折り返し地点まで歩くなり,
そのまま折り返していくなり何とか,動作をして欲しいものなのだが。
致し方ない,,,そちらが動かないならこちらが,動くまでの事。
という事で痺れを切らして,リードを付けたまま仁王立ちのおじさんの方へ
皆を連れて歩き出した。と,,,そのおじさん。やっと歩き出した。
どちらへ?・・・・勿論!・・・U-TURNして歩いていったとさ。。
おじさんには申し訳なかったけれど,数日に一度の皆の散歩。
しかも,最近,本屋さんで,室内だけの人口の明かりだけの生活をしている仔は,
日光の明かりを受けて生活している仔よりも,ホルモンのバランスが
崩れて,発情周期を崩しやすい。。。なんて繁殖に関する書物を
読んで間が無いので,尚更,折角の散歩を後少しで折り返す地点だと
解かっているおじさんに,皆の散歩を譲る事が出来なかった。

     ごめんね。おじさん。

助けた命, 2003,11,6
隆さんが池で取って来た鮒・〜゚・_・゚〜・エビ・はぜ?
色んな種類の魚を2つの水槽に分けて入れて,日々観察をしていると,
〜゚・_・゚〜の入っている方のエビの数が,日毎に減っていく・・・。
2〜3日経ってみると明らかに少なくなってしまっている。ふ〜〜む。。
これでは〜゚・_・゚〜のご飯がなくなってしまう。。そう想ってもう一つの方の
水槽に〜゚・_・゚〜君を入れた。。。けど,エビがいなくなったら
〜゚・_・゚〜君のご飯は・・・・どうしよう・・・。と,考えながら,
水槽を見ていると,エビ君の動向がとっても可愛い!!
何だかエビ君が愛らしくなってしまって,エビ君を〜゚・_・゚〜君から助け出して
今度はエビ君を移動・・・。

    が,   何とした事か!!

ふと水槽を見てみると,抱き合っているように見えたエビ君。。。何とした事か!!
大きなエビ君と小さなエビ君が抱き合っているように見えた姿は,,,,
大きなエビ君の足に抱かれているように見えた小さなエビ君の姿に,,,,。
頭がなかった。のだ。

折角助けた命なのに。。。
自然の姿は美しくもあるけれど,時として,非常な残酷な世界でもあるのだ。

お好み焼き・・・ 2003,11,5
2枚焼くだけの量が残っていたお好み焼きの材料。。
剛の分を鉄板に乗せて,ほんの少々2〜3分その場を離れたのよねぇ〜〜,
    それが運のつき。
まさか,まさか。。
御鍋に届くなんて想わないものねえ。
だって,お鍋ったらお皿と違って,背が高いのよぉ。
それを楽々届いた上にぜぇ〜〜んぶ平らげてしまった。

しかも,それを斜めにして食べているものだから,中の物が下へ落っこちて。。。
下にいたらしいMilkyの頭,首部分は甘藍,メリケン粉等々でぐっちゃぐちゃ。。。
エストは耳の後がベタベタになってしまっている。
そして,一番えらいこっちゃ状態になっているのが,Bell。
Bellの自慢の真っ白な飾り毛が,メリケン粉で・・・グチャグチャだし。
変色してしまったし。。。元に戻るかしら。
妊娠しているから,シャンプーする事も出来ないし。
後片付けが大変だったよぉ!
もうええ加減にして欲しいよ。。全く!


夫婦の会話 2003,11,4
最近に夫が奥さんの殺人を,ネットを通して実行しようとしていたなぁ・・・。

何という世の中だろうと思う。。。でも,
我が家は隆さんが,ネット交信をしないから安心だ。。
そう想っていたら,隆さん曰く。

Sarubiaがネット交信しているからら,
自分の命が心配だと・・・・のたまう。

越すに越せない・・・・ 2003,11,3
隆さんの誕生日から一日過ぎた。
やっと,1歳違いになった。
それも,3ヶ月だけ。
来年の2月になると,また2歳違いになる。
そして,9ヶ月間は2歳違いになる。

どんなに頑張ったって隆さんと同年齢になる事は無い。
どんなに頑張ったって隆さんがSarubiaの年齢を越す事は無い。
Sarubiaが生きている限り。。。

二人仲良く,何時々までも生きて行きたい。。。
そのように願うが,何時の日か必ず訪れて来る別離。

その時まで,何時迄・・・こうして二人で仲良く過ごす事が出来るのだろう。。
誰にもそれは解からない。だからこそ,この時一瞬・一瞬を大切に生きて行きたい。

BIRTHDAY  Present 2003,11,2
今日は隆さんの誕生日。今から51年前に産まれた。
何かPresentをしてあげなくっちゃあ。
何時も,Sarubiaの為に。家族の為に。犬の為に,本当に本当に良くして下さる。
感謝しています。そのお礼をしなくっちゃあ。。。
そうだ!   ドライブに連れて行ってあげよう♪
どこがいいかな?   淡路へ行こう!
神戸淡路大震災の時に壊れたお寺の羅漢堂が再建されたらしい。
その五百羅漢さんを拝観しに行こう!!

そういえば,おぼったま君ちがこの近くだったなぁ!
お寺を出ておぼったま君に周囲にこんな家が会ったよ! と,掲示板のハリコ用に
おぼったま君の家を(偶然にも(爆))写して「さぁ〜,帰りましょう」と,
車に乗り込もうとすると,犬の鳴き声が・・・。
もしかするとクッキーちゃんの声なのだろうか。。。。そう想って,家の方へ・・・
犬の姿が見えるだろうか。コーギーの姿があるだろうか。。。
そう想いつつ歩いて帰ろうとすると,中から可愛い御婦人がコーギーを連れて。
Sarubiaは想わず「もしかして,ショコラちゃんかクッキーちゃんですか?」
見知らぬ女の唐突な質問に可愛いお嬢さんは「驚きの眼差し」それでもクッキーです。
優しいお声で答えてくださいました。Sarubiaはもう舞い上がってしまって,
お写真を撮らせて欲しい・・・そう頼むのが精一杯で・・・自分の名前を名乗る事すら忘れて。

隆さん,今日はとても楽しい一日でした!
素敵なBirthday Presentを有難う!!

あれ?
今日は隆さん誕生日なのに。。。。
隆さんが一番疲れる一日だったみたい。。。。ごめんね。隆さん。



胃潰瘍 2003,11,1
数ヶ月前より続いていた下痢,
先月より真っ黒な排便をするようになっていた,薫。
先日,真っ黒な排便と共に,腹痛を伴い現在,休憩中。。。とのMAILを受診。

丁度,薫が送信して間もなくにSarubiaが受診をしたようなので,
薫にTELして様子を聴いてみる。

長い間の下痢,ずっと続いている黒い排便。。。
様子を見るのも限界と想い,薫に,

腸内に腫瘍・癌細胞等があっては一大事。
胃からの出血の可能性があるとの事を伝えて,
医師の診察を受ける事を薦める。

医師の診察の結果,
ストレスによる胃潰瘍の可能性があり・・・・との事で,
沢山の薬を貰ってくる。

無事に乗り越えてくれるといいけれど・・・